化粧品と肌

【コスメの誤解】石けんは安心安全な界面活性剤!?

【コスメの誤解】石けんは安心安全な界面活性剤!

【コスメの誤解】石けんは安心安全な界面活性剤!

 

こんにちは元オーガニック化粧品の研究開発者のゲンです。
今回は石けんは安心、安全なものなのか。界面活性剤フリーと言われることもあるがそうなのか。なぜ石けんだけが赤ちゃんに安心とか、敏感肌の人には安全と言われるのかについて考えたいと思います
#石けん

この内容を書こうと思ったきっかけ

オーガニックの化粧品会社で働いていた時によく目にした記事が石けんは安全である。石けんは天然、オーガニック。石油系の界面活性剤、合成洗剤は悪。唯一肌に優しい界面活性剤が石けんだという主張です。

私はこれらの記事を見た時に果たしてそうだろうか?僕が今まで勉強してきた化粧品化学の知識と違う。どちらかというとものすごく違和感を感じました。

しかし、今でもその状態は続いています。ならばと思い、自分が知っている知識や思いを書いてみることにしました。

石けんは立派な界面活性剤

 

そもそも化学的には石けんは立派な界面活性剤のひとつです。本当にごくたまに石けんだけは界面活性剤ではないという記事や広告がありますが、それは完全に嘘です。基本的には油に馴染みやすい親油基と水に馴染みやすい親水基を持つ構造を持っている時点で界面活性剤になります。

 

おそらく界面活性剤の印象が悪いので、石けんだけは一応界面活性剤だけど、昔から使われているものだから、安心、安全のイメージを持たせたい、合成の洗剤と差別化させたいという企業の思惑による宣伝だと考えていますが、立派な界面活性剤ですし、どちらかというと洗浄力が高い界面活性剤です。

石けんの生分解性が良い、環境に良いという嘘

 

これもまた大きく誤解がある情報なのですが、石けんとなるとなぜか環境にすごく良い、生分解性が良いという情報を目にします。私なんかは疑い深い人間なので、環境に良いという文字を見ただけで胡散臭いなと思いますし、そもそも環境に良いという言葉がとても嫌いです。

これも

こちらの石鹸洗剤工業会の情報を見れば、石けんだけが生分解性が良いというのは誤解の部分が多く、過去に起こった石油系界面活性剤の事件や企業の間違った広告、それを素直に受け取ったブロガーや一般消費者の間違った情報拡散によるものだということがすぐに分かると思います

石けんは安全なのか!?石けんのデメリット

 

なぜか石けんだけはすごく肌に良いというイメージというか誤解があるようですが、どんなものにもメリットデメリットがあります

 

石けんは石けんカスが残りやすい

これはもう有名な話で知っている方も多いかもしれませんが、石けんは使った後に石けんカスが必ずと言っていいほど残ります。石けんカスとは石けんが洗いきれずに残った成分のことを言います。通常石けんって固形ですよね。それが水に溶かすことによって、少し溶けますが、乾くとすぐに固形に戻ります。それがどうしても水で洗いきれません。それが石けんカスです

 

石けんで手を洗った時にキュッ、キュッってなりますよね。あれって、汚れが落ちたって誤解している人が大半なのですが、あれこそが、石けんカスの使用感です。汚れが落ちたとかは関係なく、石けん独自の使用感でキュッ、キュッなるのです。つまり、界面活性剤が多く皮膚に残り、肌の上に乗った状態になりやすいのが石けんの特徴です。

 

石けんはアルカリ性。皮膚刺激はどちらかというと強め

なぜ石けんだけが肌に対して優しいとか安全だとか言われるようになったのかの歴史的背景は分かりませんが、石けんはアルカリ性でどちらかというと皮膚刺激は強い方です。ご存知のように肌は弱酸性で保たれており、それよりも酸性によっても、アルカリ性によっても刺激を受けます。なるべく肌のpHに近い方が刺激はありません。また、アルカリ性はアルカリ洗剤にもあるように、アルカリ性はそれだけで洗浄力が強いので、皮脂をもっていってしまうので、皮膚に対しては刺激性が高い界面活性剤になります。

 

石けんは安心なのか!?

 

そもそも安心という言葉自体が曖昧なので、議論しようがないのですが、この安心という言葉もよく目にします。

 

石けんで安心というと
アトピー肌にも安心
子供、赤ちゃんにも安心
というキーワードをよく目にします。

アトピー肌にも安心なのか

このアトピー肌にも安心というのは、本当によく目にしますし、そう思われている方も非常に多いと思います。どうして石けんだけなの?他の選択肢は?って聞きたくるのですが、なぜか頑なに石けんを選択します。

この安心の根拠というのが、単に昔から使っているからとか、合成洗剤は悪だという企業の戦略に基づいているのであれば、そもそもアトピー肌には石けんは不向きだと個人的には考えています

理由としては、石けんカスがどうしても残ってしまい、肌の弱い皮膚に残ってしまうこと、アルカリ性で比較的洗浄力が高く、アトピー肌の特徴として、皮脂を出す量が他人より低いため、必要な皮脂まで持って行かれてしまうことが挙げられます

ただし、市販のシャンプーだとかボディシャンプーも界面活性剤の量が非常に多いですし、そのまま使うのはどうかと思いますが、選択肢としては石けんよりも市販のものを薄めて使うとか、ミルクタイプの洗浄剤を使うとかそちらの方が刺激は低く、向いていると感じます

子供、赤ちゃんにも安心なのか

続いて、子供や赤ちゃんに対して安心なのかという点ですが、これは基本的にはアトピー肌と同じ理由で、不向きだと思っています。もちろん手洗いなどで使用する分には、比較的手という限定的な部分でしかも、皮膚的に強い箇所なので、気にはなりませんが、体や頭となると上で述べた他の選択肢を考えます

というのも基本、子供や赤ちゃんの肌は非常に抵抗力が低く、皮膚が薄いのが特徴で、アトピー肌と同じくらい使う物、使い方には気をつけたいものです。そもそも、いつか書きたいと思いますが、お風呂なんて基本お湯洗いで十分で、洗剤をつける必要はほとんどありません。

また、赤ちゃんとなると誤って誤飲してしまうという要素があるかと思いますが、今の石けんは昔のシンプルな物とは違って、使用感を高めるために色んな原料が配合されているため、基本他の製品とリスクは変わらないかなと思いますし、どれを使うかよりもなるべく誤飲しないように対策を取ることが大切だと思います。

 

それでもやっぱり石けんを使いたいと思う方で、子供や敏感肌の人はなるべく弱酸性石けんを使う、そして処方がすごくシンプル(全成分表記の文字数が少ない)ものを使うのが良いと思います。

石けんが安全とか安心とか書いてある記事は基本信じない方が良い

 

これは別に石けんが肌に良い悪いではなく、法律上のお話なのですが、基本的に肌に触れる化粧品の分野では薬機法と景品表示法という2つの分野の法律が関わってきて、この製品、この原料は安全とか安心とかいう広告表現は基本違法になります。それは、メーカーが出す広告はもちろんですが、個人のブログの記事やインフルエンサーの表現でも同じで適用されます。

 

これを見てあれっと思う方が大半だと思うのですが、美容関係の記事は基本違法まみれ、違法記事がありすぎて放置状態にあります。

 

つまり、石けんが安全であるとか安心だとか書いてあるネタ元は、法律を全然知らずに書いてある記事であり、その時点で信用できないブログ、記事、執筆者、業者、メーカーになるということです。それってもう読む必要ありませんよね。

 

良い記事、正しい記事を書いている人は基本、業界経験者の人でちゃんと法律守って記事書いている人なので、そういう人の記事をよく見ましょう

記事に騙されないためにこれだけは知っておいてほしい

 

基本、現代では環境に配慮する、肌への安全性に配慮するというのは本当に当たり前というか最低条件で、それを犯してまで商品化するというのはよっぽどのリスクです。

 

会社側も良いものを社会に出したいと思って、商品化しリスクを取って販売しています。またたくさんの従業員を抱え、彼らの生活をかけてやっています。なのに、安全性に不安があるとか、環境問題でつっこまれるとか分かっているのに商品化するのはよほどの不勉強でない限り、リスクが高すぎて誰もやりません

 

もちろん、現時点で科学的に証明されておらず、後から危険性が分かったということはあると思います。某企業のお茶石けんのアレルギー問題が良い例だと思います。

 

また、企業の広告宣伝戦略で、言い過ぎや他社や他社製品を批判して、自分たちの特徴を訴えるという手法によって消費者が誤解を受けるパターンはあります

 

こういう人間として当たり前、会社として当たり前だよねという感覚さえ持っていれば、変な記事に騙されることはかなり少なくなると思っています。

最後に、石けんの良さとは

色々書きましたが、別に私自身は石けんに敵意もないですし、家でもバンバン使っております。それは石けんには石けんの良さがあるからです。ただ、それは安全とか安心とか肌に優しいとか環境に良いとかそういう理由ではありません。

とにかく安い

石けんの特徴はとにかく安く製造でき、安く販売されているということです。そりゃ太古の昔から、人間の洗うという行為に深く関わってきた洗剤のひとつですので、身近なもので簡単に作れて、原材料も安い、なので便利、安いでなかなか良いものだと思います

固形物である

この固形物の洗浄剤という特徴は立派で大きな特徴だと思います。これを通常の洗浄剤で固形物を作ろうとすると処方を作るのが大変ですし、安定性の維持も大変です。その点、作るのが簡単、製造コストが安い、原料も安い、固形の石鹸というのは本当に便利です。また固形であるがゆえに、プレゼントに向いてるとか持ち運びに便利とか、風呂場や洗面台に置きやすいとかその他、様々なメリットがあります。やっぱり固形っていうのは何かと便利です

トータルで私はやっぱり石けんが好きです。やっぱり便利じゃないですか。
何かと使いやすいですよ。やっぱり

以上です。最後まで読んでくれてありがとうございます
面白かったら、フォロー、拡散お願いします

化粧品関連のお仕事の依頼はこちらから
info@hyotang.com

会社のHPはこちらです

Noteやっています。フォローお願いします
https://note.mu/gen888
Twitterフォローお願いします
https://twitter.com/hyotang888
Instagramもフォローお願いします

ABOUT ME
Gen Uemura
こんにちはげんと申します このブログでは化粧品の開発者の経験を生かして、美容や健康に関する情報を発信していきます