化粧品と肌

医薬部外品、薬用化粧品の全成分表示の見方

医薬部外品、薬用化粧品の全成分表示の見方

医薬部外品、薬用化粧品の全成分表示の見方

こんにちは化粧品研究開発者のゲンです。今回は化粧品の中でも医薬部外品、薬用化粧品の全成分表示の見方について解説したいと思います。実はというか化粧品と医薬部外品は表記のルールが違うのです。そこら辺も解説していきたいと思います。#医薬部外品 #薬用化粧品 #全成分表示

 

そもそも医薬部外品って

一応ですが、法律上は以下のようになっています。

 

薬事法第2条第2項 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。
一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は 第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止 ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二 人又は動物の保護のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために 使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用されるも物 を除く。)であって機械器具でないもの
三 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働 大臣が指定するもの

まあ、何書いてるか分かりませんよねwww

化粧品との違いを簡単に言うと

化粧品と医薬部外品は違いは有効成分が入っているか入っていないか
有効成分とは国が効果効能を認可した原料のこと
医薬部外品は化粧品では美白、育毛など表現できない広告ができる
医薬部外品は国が指定した有効成分を決められた量配合する必要がある

です。

つまりは、美白化粧品を出したいとメーカーが考えた場合、美白という表現は化粧品では法律上できないため、必然的に医薬部外品を開発する必要があるわけです。

医薬部外品の全成分表示の見方

 

ここで医薬部外品の全成分表示の見方について書いていきたいと思います。以前の化粧品の全成分表示の見方についても合わせて見てもらうと違いがよく分かるかもしれません

 

簡単に解説するとこのようなルールがあります。

 

全成分表示をしなくても良い
表示名が違う
有効成分(指定成分)とその他の成分に分けて記載
記載順は基本的に順不同
歯磨き粉はさらに変なルールも

全成分表示をしなくても良い

そもそも化粧品は全ての原料を箱や容器に記載しなければいけませんが、医薬部外品は記載する必要がありません。正直なんでこうなっているのかは、よく分かりませんが、現段階ではこのようになっています。

ただし、業界団体の自主規制ルールとして全成分表示をしましょうとなっているため、現在ではほとんどの商品は全成分表示されていると思って良いと思います。古い昔の製品は分かりませんが。。。

理由として基本は大手から有名なOEMメーカーもどこも業界団体に所属していますし、医薬部外品は製造販売免許を取るのがすごく大変なので、ある程度規模の会社じゃないと取れません。業界に反発して、全成分表示を記載しないという会社もあろうかと思いますが、やっぱり時代の流れから離れているので、そういう会社はお客さんを逃すと思います。

 

表示名が違う

化粧品と医薬部外品では成分の表示名が違います。
例えば、水は“精製水”と記載します、
なんか不思議なルールですよね。

ちなみにどういう表記になるのかは日本化粧品工業連合会のこのリストに記載されております。

 

有効成分(指定成分)とその他の成分に分けて記載

化粧品と医薬部外品は有効成分が入っているかいないかというのが違いと言いました。そう医薬部外品は有効成分が全てなのです。有効成分が入っていることで、この広告表現ができるというのが明確に決まっています

 

そのため、まず有効成分を表記する必要があり、他の成分と分けて表記されます。まあ、この辺は薬と一緒ですよね。

 

ぼくとしては有効成分を別で書くというのは分かるんですが、その下に全成分表示(有効成分を含む)で化粧品と同じルールで表記してほしいと思ってます

 

記載順は基本的に順不同。

化粧品の場合は配合量の多い順で1%以下が順不同ということを書かせて頂きましたが、医薬部外品の場合は配合量多い少ないに関わらず、基本的に順不同です。

またメーカーとしても全成分表示から処方を探られたくないため、わざと順番は変えると思います。ここら辺は開発経験者なら分かりますが、全成分表示って本当にメーカーにするとメリットがほとんどないというか、表記すると簡単にコピー商品作れちゃうんですよね。

 

歯磨き粉はさらに変なルールも

ここまでは化粧品の話で実は歯磨き粉だけはなぜかまた違うルールがあり、表記の仕方がさらに違います。ここらはへんは薬機法に加えて、公正競争規約という法律が絡んでくるので興味がある方は日本歯磨工業会のHPで詳しく書いてます

 

https://www.hamigaki.gr.jp/hamigaki1/kiyaku_05.html

 

今回の内容は以上です

記事が面白ければ、フォローお願い致します

化粧品関連のお仕事の依頼はこちらから
info@hyotang.com

会社のHPはこちらです

Noteやっています。フォローお願いします
https://note.mu/gen888
Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/hyotang888
Instagramはこちら

ABOUT ME
Gen Uemura
こんにちはげんと申します このブログでは化粧品の開発者の経験を生かして、美容や健康に関する情報を発信していきます