化粧品と肌

コスメや化粧品の広告で見かける超純水って何!?正解、ただの水だよ。

超純水とコスメ

コスメや化粧品の広告で見かける超純水って何!?正解、ただの水だよ。

こんにちは元オーガニック化粧品の研究開発者のゲンです。
今回はコスメ、化粧品の広告でよく見かける超純水について書きました。

 

私と超純水の関係

私は過去に超純水との付き合いは長く、大学生の時、大学院生の時、前職で10年ほど、だいたい13年ぐらいは超純水と付き合ってきました。大学生の時は研究で使い、前職では化粧品で使用する水として使っていました。なので、かなり長いお付き合いになります。特に会社員の頃は、超純水装置の業者とガチで交渉したり、機械の設置の立会いから、管理もしていたので、かなり詳しい方だと思います

 

超純水は簡単に言うと不純物がほぼない『ただの水』

水は化学的にはH2Oと習ったと思いますが、水道水から出てくるお水はH2Oの水がメインではありますが、その他にも消毒用の塩素、また鉄やマグネシウムなどのミネラル分、二酸化炭素などあらゆるものが、混ざった状態がみなさんが認識している水です

これを限りなくH2Oにした水を超純水と言います。いわゆる蒸留水よりもはるかに不純物を取り除いた水です

どれくらい不純物を取り除いているかとというと東京ドームに角砂糖1個分ぐらいの不純物です。めちゃくちゃ少ないですよね

ちなみに不純物があるかないかは電気の抵抗率を見ます。不純物が多いほど電気が通りやすいので、その値を見ます。値はΩ。オームって呼びます。

超純水メーカーのオルガノさんのHPに良い資料があったので貼っておきます。

純度によって水の呼び方が変わります。一番不純物がないものが超純水、その下が純水です。純水は濾過の仕方によって色々呼び方が変わります。化粧品の場合は表記に水もしくは精製水と表現しますが、だいたいが超純水か純水のことを指しています。

 

超純水

 

超純水ができるまで

超純水と言っても、一番初めはただの蛇口から出る市水です。各メーカーによって順番は違いますけど、市水に含まれる不純物をあらゆる濾過方法を使って取り除いていきます

活性炭濾過
イオン交換膜濾過
逆浸透膜(RO膜)濾過

最後に紫外線殺菌して、殺菌した菌の死骸をフィルターで取り除いて、超純水の出来上がりです。

 

なぜ超純水があるの?

なぜ、こういった限りなくH2Oのみにする水があるのかというと、水道水に含まれた不純物が悪さをする場合があるからです。よく超純水を使う場合は主に医薬品工場や半導体の工場が例として挙げられます。どちらも不純物が一切ないように日々製造している現場になります。特に半導体工場なんかはホコリも入ってはいけないので、宇宙服みたいなのを着て、作業をしている姿をCMなので見たことがあるかもしれません。それぐらい厳しい現場です。

 

Twitterで化粧品の有益な情報を流しています。フォローはこちら

 

化粧品でなぜ超純水を使うの?

化粧品でも超純水を使うことがあります。主に化粧品の原料の水として使います。使う理由は全く同じで、不純物が他の原料の邪魔をして、処方が崩れてしまう可能性があるからです。

ただ、化粧品の場合はそういったことがあんまり起きにくいというか、そんなことで処方が崩れている場合だと、3年という消費期限を保てないので、大抵は普通の水道水で作っても大丈夫な処方にします。しかし、製品としては、超純水もしくは純水レベルの水を使います

超純水は売りには全くならない

化粧品で超純水を売りにしている広告をたまに見かけますが、はっきり言って全く売りになりません。理由は4つ。

理由

 

超純水はただの水で、それ以外の何物でもないこと

どの化粧品メーカーも超純水もしくは純水を使っていること
水以外の成分が入っている時点で超純水ではないこと
充填時や保管している間に超純水ではなくなっているかも

1つ目の理由については上記に書いた通りです

2つ目の理由としては基本、どのメーカーさんも超純水か純水を使っているので、特別感は一切ないです。純水レベルでも十分綺麗な水です。全部のメーカーの全部の商品がいい水使ってます

3つ目超純水は原料が水のみの時に、超純水となります。他の原料を入れた時点で水は超純水ではなくなります。なので、超純水使ってますは言えるかもしれませんが、超純水が何かしら肌に働きますは他の原料が入っている場合は嘘になります。化粧品は基本的に防腐剤が入っていますので、防腐剤が入っていると超純水ではなくなります

 

4つ目の理由は、超純水というのは超純水の状態を保つのが非常に難しいことです。空気に触れた瞬間に空気中の二酸化炭素を吸ってしまったり、不純物を取り込んでしまいます。つまり超純水を作っても、水を容器に入れる工程、または保管状態によって容易に超純水ではなくなります。維持が大変難しい水になります。

充填方法にこだわってなかったり、保管環境が悪かったり、容器を開けたりするだけで、超純水ではなくなっている可能性だってあるわけです。

 

超純水はなんで広告に使われるの?

こんなにただの水なのに、超純水を広告に使う人はよくいます。大きな理由としては売っている側の人は超純水を全然知らないからが大きいと思います。普通に理系の大学生、大学院生であれば、学生の頃から超純水に触れるわけで、ただの水でこんなの売りにならないことは誰でも分かります。

しかし化粧品会社の企画の人の多くが理系ではありません。つまり初めて超純水という名前を聞いた時になんかすごい水使ってんじゃないかと誤解を生む人がすごく多いのです。これを売りにしようという人がすごく多いです。名前も超とつくから聞いた方もなんかすごいとなるわけです

ただそれだけの話なので、是非賢い消費者の皆様は変な広告に騙されずに、超純水と聞いても微動だにしないでください。良い水使ってるんですね。ニコニコが正解の反応です。

以上です。最後まで読んでくれてありがとうございます
面白かったら、フォロー、拡散お願いします

化粧品関連のお仕事の依頼はこちらから
info@hyotang.com

Noteやっています。フォローお願いします
https://note.mu/gen888
Twitterフォローお願いします
https://twitter.com/hyotang888
Instagramもフォローお願いします

 

ABOUT ME
Gen Uemura
こんにちはげんと申します このブログでは化粧品の開発者の経験を生かして、美容や健康に関する情報を発信していきます